エイジングケア化粧品

エイジングケア化粧品の選び方

いざエイジングケア化粧品を使って見たい!とそう思っても、市販されている商品はたくさんあり、どの化粧品を使用すれば良いのか、正直迷ってしまうのではないでしょうか。

 

「エイジングって書いてあるなら何でもいいか」って、思わず考えがちになりますが、それぞれのエイジングケア化粧品の特徴をきちんと把握したうえで自分のお肌に合ったものを選ばなければ、中々その効果も得られにくくなってしまいます。

 

そこで、どういった点に気を付けなければならないかと言うことをいくつかのポイントに絞ってご紹介します。

 

1.セラミドが配合されたものを選ぶこと

 

エイジングケア化粧品に限らずですが、化粧品を選ぶ際は、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

 

乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、混合肌など、肌質によって必要な成分は変わってきます。

 

肌質に合わない化粧品を使い続ければ、思ったような効果を得られないだけでなく、よりお肌を悪化させてしまう原因にもなるんです。

 

なので、自分に肌質に合ったエイジングケア化粧品を探すことが必要です。

 

その中でも、セラミドはある意味万能選手です。

 

乾燥肌の方には肌の内部からうるおいを与え、肌を保護する役割を。

 

敏感肌の方には、過敏になっている肌をつつみこみうるおいを閉じ込める役割を。

 

混合肌の方には、肌内部の水分量を適切に保つ役割と、過剰に分泌される皮脂を抑え、肌バランスを最適に保つ役割を。

 

それぞれ担ってくれるのです。

 

エイジングケア以外でも、敏感肌向け化粧品などでも多用されていることからも、効果の高さが伺えますね。

 

 

2.添加物の少ない(無添加)ものを選ぶこと

 

そして次に大切なポイントは、お肌にあまり良くないとされる合成界面活性剤やパラベン・フェノキシエタノール・鉱物油・防腐剤といった成分が、一体どの程度含まれているのか?を見ると言うことです。

 

お肌に良くないとされる成分が大量に含まれていて、エイジングケアに必要な成分が少なければ効果だって期待できなくなりますよね?

 

成分表示を確認して、エイジングケア成分の配合の多いものを選ぶことが必須です。

 

 

3.コストパフォーマンス

 

そして次のポイントは、コスパです。

 

日々継続して使用していくことを考えると費用の問題は避けて通れません。

 

高い化粧品って、一見効果がありそうに見えるけど、宣伝費などにコストがかかっていて、原価はほとんどかわらないことも。

 

どんなに高い化粧品を頑張って使っていても、効果が得られなければ結局費用と時間の無駄になってしまいます。

 

しかも値段の高い物は、毎回毎回出費が痛くて継続してずっと使い続けていくには厳しいというのも現状です。

 

エイジングケアは、継続して使い続けていくからこそお肌に効果や実感が生まれてくるもの。

 

なので、少しでも家計の負担なく長く使い続けていける、そんなエイジングケア化粧品を選ぶことがエイジングにかかせない選び方のポイントになります。

 

メディプラスゲル、アットコスメでは高評価?