エイジングケア化粧品

エイジングケアに有効なセラミドの力って?

セラミドは、人の肌に存在している成分で、肌を外的刺激から守るバリア機能と、水分が肌の外へ逃げないようにしっかりふたをして包み込む保水機能という、優れた性質をもっています。

 

このセラミドがいっぱいお肌に存在していれば、角質層はうるおい、乾燥知らずの強い美肌を保つことができるんです。

 

肌を守るバリア機能に優れている為、紫外線やほこりなどの外からの刺激に対しても過敏に反応することなく(敏感肌の人はセラミドが減少しているため、これらの刺激に過敏に反応します)、安定した肌を維持できます。

 

しかしセラミドは、年を重ねていくに従って減少してしまう成分なんです。

 

なので、セラミドを補わずにいると肌のハリ不足やしわやくすみといった、老けて見られる原因を作り出してしまうんです。

 

60代にもなると、驚くことにお肌に必要な水分量は半分以上も減ってしまい、お肌がスカスカ状態になっているそうです。

 

しかしこのセラミドという成分を補うことで、うるおいのあるハリ肌を手にいれることが出来るんです。

 

セラミドには、いくつか種類があります。

 

なかでも最近注目を集めているのは、人間の皮膚に存在するセラミドと同じ型を持つ「ヒト型セラミド」です。

 

このヒト型セラミドは人の身体に元々含まれている成分のため、とても親和性が高く効果が高いと言われています。

 

また、肌から直接内部に浸透させるため、粒子のサイズをナノサイズまで細かくした「ナノセラミド」も登場しています。

 

これは粒子が大変細かくなっており、肌の奥から角層のすみずみまで浸透し、隙間だらけのお肌を優しく包み込み保水機能を高めます。

 

また、外側から肌を包み込み、内部の水分蒸発を防いでくれるので、水分量不足のお肌を補うには、まさにセラミドが最適といえます。

 

乾燥肌で悩んでいる方には、必須の成分と言えます。

 

乾燥肌に限らず、肌の乾きはシミや、しわをより深刻化させ、さらにシミを濃くさせてしまったり、しわの溝をより深く増やしてしまう原因にもなるため、エイジングケアの重要な成分の一つとして、さまざまな年齢肌ケア成分として注目されています。