エイジングケア化粧品

エイジングケア化粧品って何だろう?

エイジングケア化粧品とは、老化によって起こるさまざまな肌トラブルを防いでくれる、女性の強い味方。

 

加齢によって起こる線維芽細胞の減少と、年齢が進むにつれておとろえるハリや弾力の喪失を助けてくれる優れものなんです。

 

年齢を重ねると共に肌機能は低下していき、シミは年々濃くなり、しわやたるみ、くすみといった肌トラブルが表面化しやすくなってしまいます。

 

肌トラブルが目立つことによって、老けたという印象を持たれるのです。

 

こうした肌トラブルの原因は、実はお肌の水分量不足なんです!

 

人の体は30パーセントがたんぱく質で出来ていて、残りの70パーセントが水分で出来ていると言われています。

 

水分は大変蒸発しやすく、中からも外からもしっかり水分の保持をしなくては意味がないのですが、加齢により肌機能の衰えた状態では、なかなかうるおいをキープし続けるのが難しいんです。

 

こうした水分量の低下は、お肌の乾燥をまねくだけではなく、お肌の老化をより早く進行させていき、毛穴までも目立たせてしまい
ます。

 

結果、よどんでくすんだお疲れ気味のお肌に見せる原因に。。。

 

そこで着目したいのが、最近新商品が続々発売されているエイジングケア化粧品です。

 

エイジングケア化粧品には、ビタミンCやレチノール・セラミドといった加齢による肌の老化トラブルを防いでくれる成分が含まれています。

 

ビタミンCやレチノールといった成分には、線維芽細胞に直接成分を届ける働きがあり、加齢による線維芽細胞の減少を防ぐことができ、引き起こされるお肌トラブルまでも防いでくれるんです。

 

そしてセラミドという成分には、お肌の保湿やハリ、肌の弾力を作るために欠かせない働きがあり、水分量を保持してくれるだけじゃなく、お肌の柔軟性をも維持してくれる、加齢によって失われたお肌のハリや弾力を取り戻してくれると言う素晴らしい機能があるんです。

 

市販されているエイジングケア化粧品では、最近このセラミドを配合したものが人気が高く、更にナノセラミドといって、浸透しやすいようナノサイズ化されたものも配合されています。

 

ナノセラミドが配合されていることで、お肌の角層までしっかり浸透保湿してくれて、しかもしっかりお肌に届けた潤いを保持してくれるんですね。

 

こうした、加齢による肌トラブルを補い、肌のうるおいを取り戻す役割を果たす成分を配合されている商品が、エイジングケア化粧品と言われています。